プレッシャーとストレスのちがい。

======

だれかが、プレッシャーに耐えられず辞職すると言った場合、それは、じつはほとんどストレスが原因です。多くの場合、人は仕事がつらくて会社を辞めるのではなく、その会社における人間関係を辞めるのだといいます。つまり、ストレスのほとんどが人間関係に起因しているということです。

  仕事のプレッシャーに耐えられない人は少ないけれど、人間関係のストレスに耐えられない人は多いということでしょう。

=======

上記は、お正月に読んだ高野登さんの
本のなかの一節です。


人は成長するために
〝プレッシャー〟を必要とします。
筋トレなんかも一緒で、負荷をかけることによって
成長して、限界に挑戦することでさらに可能性が拡がる。


 

だけど、大事なのはそのプレッシャーが
「〝ストレス〟になってはいけない 」
ということ。


 

〝ストレス〟という言葉には、
「苦痛」とか「悩み」
という意味が含まれています。

 


部下を成長させたくて使うあなたの言葉が
適度なプレッシャーを与えるものではなく、
単にストレスを感じさせるだけものなっていませんか?

 

そうだとしたら、ちょっと悲しいですよね。
相手のためにしっかり伝えたい。
大切なメンバーを成長させるコミュニケーションを
ぜひ、TCSで学んでくれるといいなぁと思います。

 

そして、TCSの講座では、
そんなコミュニケーションを一緒に考えて、
一緒に学んでいきたいと思っています。

 

TCSはまず自分自身と向き合うところから始まります。そこで味わう感覚はちょっと新鮮で、もしかしたら負荷を感じるかもしれません。

 

でも、それはあなたを成長させるためのプレッシャーで、言い換えれば成長している証拠。

心地のよいプレッシャーを感じながら成長できるのが
TCSの面白いところかもしれません。^ ^

 

==========

『結果を出し続ける

  〝強くて温かい〟チームリーダーになる』

トラストコーチングスクール(TCS)

認定コーチ 福山隆太

 

福山隆太プロフィール

http://ryuta0526.com/profile/
 

 

トラストコーチングスクール

http://trustcoachingschool.com/contents/

 

 

TCS講座申込はこちら

http://ryuta0526.com/tcsmoushikomi