今でも飲食店の現場に入り続ける理由

コーチングの道を進むと決めて、

それまでやっていた飲食の仕事を辞めました。
それなのに、

今も飲食店の現場に入り続けるのは、

「飲食店はコミュニケーションが溢れる場所だから」

「飲食店ほど〝コーチング〟や〝教育〟に相応しい場はないと感じているから」

そして何よりも、

「飲食店が好きだから」です。
僕の目標のひとつは日本中の飲食店に

TCSコーチングを広めていくこと。

飲食店は多くのひとが学生時代のアルバイトとして経験します。
たくさんの人が経験する仕事だからこそ、

コミュニケーション(コーチング)を学ぶことで

飲食業がもっと素敵な仕事になると思います。

というわけで、今日は

TCS(トラストコーチングスクール)のベーシック講座からの

飲食店現場です^ ^