まだ人間関係のストレスで消耗してるの?(ISD個性心理学とは)

image

「なんであの人はあんなこと言うんだろう」

「あいつの行動がまったく理解できない!」

そんなふうに人間関係でストレスを感じることって多いですよね。

僕自身も実際にそうでした。ちいさな一言にイライラしたり、「なんでわかってくれないんだよ!?」とか思って悶々とする日があったり。

 

このストレスを無くすことが出来たらどれだけ楽か。。

そんなときに僕が出会った学問がISD個性心理学でした。

ISD個性心理学=動物占い?

ISD個性心理学ってそもそも何なん??

という疑問に関して。

ちょっと昔に「動物占い」ってあったじゃないですか?

あったんですよ。笑

 

生年月日を基にして「ライオン」とか「虎」とか動物のキャラクターが割り当てられる占いで一時期流行りましたよね。流行ったんです。

 

この動物占いってのは、ISD個性心理学という学問が基になっているんです。

まずは自分を理解することから。

ISD個性心理学を学ぶとまず「自分自身にどんな個性があるのか」を理解することができます。

自分はどんな考え方をする特徴があるのか。

どんな行動パターンがあるのか。

それを知ることによって自己表現力を高めることができます。

自己表現ができるようになれば、自分がもっとも力を発揮できる分野であったり、仕事の方法が見つけ出せるようになります。

例として、僕《福山隆太》で見てみましょう。

僕のキャラクター分類は「ライオン」です。ライオンの特徴は

  • 礼儀礼節を重んじる
  • 世間体を気にする
  • 決して弱音を吐かない
  • 言わなくてもわかってほしい
  • 外では厳しいが家では甘えん坊(笑)

まさしく当てはまりました。

このほかにライオンには人や資本を集約させ、コントロールする力がある。マーケターやプロデューサー気質があるなど。

現場でバリバリやる特攻隊長タイプではなく、非現場型のマネジメントタイプであることもわかります。

 

そして、相手を知ることでコミュニケーションを円滑にする

自分を知ることと同時に相手の個性を理解できるようになるとこれまでよりも圧倒的にコミュニケーションがスムーズになります。

相手が望むこと、嫌がることが分かれば自分の身の振り方を考えて、ストレスなく相手とのコミュニケーションをとることができるようになります。

ISD個性心理学ではこんなことがわかる!

  • 勉強のさせ方、教え方
  • やる気にさせる言葉
  • 人間関係の悩みの原因(ストレスの原因)
  • 組織活性化の方法
  • 部下の指導法
  • 上司に気に入られる方法
  • 顧客満足を上げる方法
  • 友人や恋人との相性

このように見てもらえれば、個性心理学を学ぶことで様々な分野でのコミュニケーション力を培うことができます。

身近な人間関係はもちろん、仕事にだって活用できます。

営業やサービス業はもちろん組織創りにも応用できる。「人とのコミュニケーションを格段に向上させるスキル」であることは間違いありません。