コーチングは「作り出されたもの」ではありません。

コーチングは誰かが新しく作り出した真新しい学問ではありません。

「発見されたもの」なのです。

たとえば、あなたの会社に

「部下の能力や才能を引き出す上司」

がいるとします。
逆に、

「部下の能力、才能を潰してしまう上司」

がいるのも事実です。

この2種類の上司にはコミュニケーションの質と量に決定的な違いが存在します。

その質と量をコントロールすることがコーチングの基本です。

あなたのこれまでの経験を思い返したときに、きっと「あの上司は素晴らしい上司だった!」という人がいると思います。

そうした先生や上司にはコミュニケーションに共通したところがあることに気がつくと思います。

たとえば、

  • 押し付けがない
  • 指示や命令が少ない
  • 話をきちんと聞いてくれる
  • 意見を尊重し、認めてくれる

など。

このように部下の才能や能力を引き出すことのできる優秀な上司のコミュニケーションにおける共通項を体系的にまとめたものがコーチングスキルと名付けられています。

コーチングを学んでいなくとも、こうしたコミュニケーションをとっている人はもちろんいます。

しかし、それを体系的に「伝えること」のできる人になるのがコーチングを学ぶということです。

とくにTCSでは、このコーチングスキルを「信頼」という部分に着目して、

大切な人を信頼できるようになり、大切な人に信頼されるコミュニケーション技術


を学べるようになっています。

「素人ではなく、

プロとして大切な人を

応援してみませんか?」
  

============

TCSについて詳しく知りたい人はこちら
TCS講座のお申し込みはこちらから

============