トラストコーチングとは?

そもそもコーチングとは?

コーチングとは、対話によって自己実現や目標達成をサポートしていくコミュニケーション技術のことを言います。

語源はcoachで「馬車」という意味があり、「人を目的地まで送り届ける」という意味合いでcoaching(コーチング)と呼ばれるようになったといいます。

 
効果的な質問などしながら対話をすることで今まで相手が気付いていなかった情報や考え方を提供し、「自ら考えるきっかけ」を与えることによって、より早く、楽しく、確実に目標達成に向かっていけるようにサポートしながら一緒に歩んでいく。
 

そんなコミュニケーション技術です。

現在では人材育成の場面でも活用されるようになってきています。

また、コーチングは何度も言うように「コミュニケーション技術」のひとつです。

 
コミュニケーションはあらゆる場面で欠かせないものであり、そういう意味ではコーチングは使われる場面が限定させることなく、あらゆるシーンで活かすことができるものだといえます。

 

世界の経営者の多くが専属のコーチをつけている

世界を代表する企業フォーチュン500の経営者の約48%がコーチを付けています。
マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏はTEDの講演で

「すべての人にコーチは必要です。

私たちはフィードバックしてくれる人が必要です。私たちはフィードバックを受けることで向上するのです」

このように話しています。

 

Googleのエリック・シュミット氏もFacebookのザッカーバーグ氏もコーチを付けています。
経営者たちはコーチによって自分では気付けない「別の視点」をもつことができることを期待しています。
コーチングから得られる視点によって行動を変え、向上し、成功しているといえます。

 

では、トラストコーチングとは??

トラストコーチングはその名のとおり、

《信頼》

というところに重きを置いています。
コーチングの力は、信頼の土台があってはじめて発揮されます。

トラストコーチングの特徴は、人に信頼される自分を確立していくプロセスをベースに自己実現や目標達成を目指すコーチングです。

 

 自己実現や目標達成のために、よりたくさんの人と強い信頼関係を築き、ひとりでは実現できなかった成果を出し、長期的に幸せを味わうことができるようになることを目的としたコーチングがトラストコーチングです。

 
TCS(トラストコーチングスクール)のプログラムはコーチングを体感しながら学び、コミュニケーション能力を高めていきます。

 

 そして、あなたの新しい可能性を引き出していくプログラムです。

自分を信頼できなければ、人との信頼関係を築くことも、
人の目標をサポートすることもできません。

 

 TCSでは人に信頼される自分を確立していくプロセスをベースにコミュニケーション力の高め方やコーチングの専門技術を学びます。

 

 ぜひTCSのプログラムを通してあなたの新たな可能性を感じてください。

TCS(トラストコーチングスクール)について。